Event is FINISHED

日本認知心理学会安全心理学部会2020年度第1回研究会

Description
本研究会は日本認知心理学会安全心理学部会の定例行事です。認知心理学会の会員以外の方も参加していただけます。

【内容】
講演:ドライバーの「認知」は事故リスクを予測できるのか
講演者:島崎敢(名古屋大学未来社会創造機構・特任准教授)
概要:交通事故リスクを予測する変数として,認知機能,身体機能,パーソナリィなど様々な指標が用いられているが,いずれも事故との間に「運転行動」を挟んで間接的に事故リスクを説明しているため,予測精度が相対的に低い.また,これらの予測変数は時間的連続性が乏しく,ビッグデータの活用も進んでいない.前半では,高齢ドライバの心身機能や運転行動を経時的に蓄積している名古屋大学COIの取り組みと成果について紹介し,後半では運転に関わるビッグデータのあるべき姿を考察しつつ,機械学習を用いて運転行動の自動評価を目指す取り組みについて紹介する.
Sat Nov 28, 2020
3:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加券 FULL
Organizer
日本認知心理学会安全心理学部会
74 Followers
Attendees
85

[PR] Recommended information